« 恒例のお食事会 | トップページ | 闘宝伝笑はめっちゃ盛り上がった »

2019年10月21日 (月)

スーパーキックS1 試合結果

Cid9b86ff3cfce44f288801ef0769372866Cidc0061c2a746741a681f4a025e543ece5Img_3480


スーパーキック S1
ジャパンプロレス2000提供試合
大阪  東成区民センター  観衆300人満員
20分1本勝負
○守屋博昭&西山星哉(9分49秒 片エビ固め)道端剛史&●周藤浩司 ※シャイニングサンダー

寸評
序盤から道端のサッカーボール・キックや周藤のピンポイントを責める攻撃で悶絶する場面が多かった西山。なんとか繋いだ守屋が道端と周藤の2人をラリアットでなぎ倒し形勢逆転、周藤にマシンガンチョップ、道端にステップキックで追い込んだ。周藤を孤立させ垂直落下のブレーンバスターを決めるが、ラリアットをかわした周藤はクロスチョップ、道端のライダーキックからネックブリーカー、周藤のダイビングフットスタンプと追い込むが決定打に至らない。守屋はダブルラリアットで吹っ飛ばす。そこに息を吹き返した西山のバズソーキックから守屋がシャイニングサンダーで周藤をピン。守屋・西山組が逆転勝利を収めた。
試合後、なんと道端が守屋とのシングルを、しかもキックルールで要求。はたして2人の闘いは実現するのだろうか…?

試合後には中西百重元全女の父、中西オーナーも激励に駆けつけた
試合後にはラウンドガールとエナジャイズ!

|

« 恒例のお食事会 | トップページ | 闘宝伝笑はめっちゃ盛り上がった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒例のお食事会 | トップページ | 闘宝伝笑はめっちゃ盛り上がった »